「コンテンツ・マーケティング」始動!

NHKの大河ドラマに興味津々です。歴史ものは結構好きで、特に日本の戦国期と明治維新期、そして中国の三国時代が大好きです。中高年男子にありがちな嗜好性ですね。。。

今年(2016)は、三谷幸喜脚本という点を“売り”にした「真田丸」です。私にとっては、「真田幸村(信繁)」といえば、池波正太郎の「真田太平記」なので、いま放映している「真田丸」には少々違和感があります。正直いえば“もっとしっかりやらんか!!”という気分です。

確かに、原作本があると、そのイメージに引っ張られて、どんな脚本家が、どんなストーリーを描き、それを当代の一流俳優陣によってキャスティングしたとしても、「いやあ、ちょっとね」となりがちなのは仕方のないことだとは思います。そういう意味では、原作に頼らず、脚本家の力量だけで描く大河ドラマ自体を否定するつもりはありません。

しかしそれでも、きちんと原作があって、原作の魅力を損なうことなく、かつ脚本家の世界観をきちんと表現できている大河ドラマだってないわけではありません。

例えば、「功名が辻」。司馬遼太郎の同名小説が原作で、脚本は大石静。主演は、当時人気絶頂にあった仲間由紀恵です。この作品なんかは、極めて秀作で、原作の持ち味を損なわずに、大石静さんの世界観もきちんと表現されていました。

個人的に思うのは、大河ドラマ(に限ったことではありませんが)のような壮大な歴史ドラマを描く際には、個々の人物造形をどう構築するか、という点の優劣で、秀作になるか駄作になるかが決まるのではないかということです。

例えば、徳川家康という人物をどう描くのか。幼少の頃から苦難の連続で、それでもふてくされて曲がった方向にいくことなく、武門としての有り様を真摯に突き進んだ武将です。忍耐強く、頭もいいし、度胸もある。「功名が辻」では西田敏行さんが演じていましたが、実に正しい家康像でした。ところが、真田丸の家康は女々しくて、臆病者。こんな家康では、絶対に天下が穫れるとは思えない。。。そんな描かれ方です。もちろん、過去の人物については。限られた史料に基づいて、様々な想像を膨らませて良いわけですから、おバカで臆病者の家康像があっても、一向に構わないと思います。時にそうした解釈や独特の人物造形がハマることもありますが、少なくとも、今回の「真田丸」ではハマっていない。こういうところが、「真田丸、だめだなあ」と思ってしまう所以です。

 

さて、それはそれとして。
このたび、わがオズプランニングでは「コンテンツ・マーケティング」のサポートサービスを展開することになりました。

「コンテンツ・マーケティング」というコンセプト自体は、決して最近のものではなく、たいぶ以前があったようです。しかしながら、日本においては比較的最近流行りはじめたマーケティングのコンセプトであり、2014年頃から一気に盛り上がってきたようです。

いまでは、数々の出版書籍がありますし、「コンテンツ・マーケティング」のコンサルティングサービスやサポートサービスを手掛ける企業も多数ありす。

※念のために言っておきますが、ここでいう「コンテンツ・マーケティング」は、企業などが見込み顧客を誘引し、自社の商品・サービス購入につなげるために、どんなタイミングで、どんなコンテンツを発信していくか、ということを企画・実施するマーケティング・プロセスのことです。決して、すでにあるコンテンツ(映画やテレビ番組や小説やマンガ)を海外に売るためのマーケティング活動のことではありませんのでご注意を。。。

そもそもわがオズプランニングは、マーケティング企画を業務の中核に据えている会社であり、同時に、私自身がライターとして各種のライティングをやっています。

新規事業の立ち上げに際してのマーケティング戦略の立案やプロモーションプランの作成、またマンション分譲時のプロモーションのお手伝いや、顧客企業の商品・サービスのマーケティング戦略やプロモーション施策のサポートなどを基軸として、付随する広告制作やパンフレットの作成などをずっと手掛けていますし、出版書籍の企画・編集・ライティングなども担当することが多く、最近ではメールマガジンを書いたり、インタビュー記事やオリジナル記事をコーポレートサイトやテーマサイト、さらには広報誌や雑誌に書いたりしています。

言ってみれば、コンテンツ・マーケティング“のようなこと”は、これまでもやっていたわけですし、わがオズプランニングとしても得意分野なのです。

もちろん、そうした過去の経験・ノウハウだけで、今日のコンテンツ・マーケティングをトータルでカバーできるとは思っていません。

Webの世界は日進月歩で進化しており、“コンテンツ・マーケティングに取り組もう!!”と決めてから、「今」のインターネットの世界をキャッチアップすべく、猛勉強を始めたような次第です。

そうした事前準備段階も終え、やっと「コンテンツ・マーケティング」のサポートをサービスとして提供できるようになったことで、まさに「満を持してのサービス・イン」という次第です。

もちろん、完璧なネット・リテラシーを手に入れたとは言い難く、まだまだ勉強は必要ですが、幸いなことに協力会社には極めて優秀なネット系企業もあるので、そうした協力会社に全面的にバックアップしていただきながら、広く社会に、顧客企業に貢献していきたいと思っています。

乞うご期待を!!